店内の物、ほぼ全て燕三条産のカフェ「SANJO BLANC」


皆さん、コーヒー飲んでますか?



僕は毎日飲んでます。

今も飲んでます。

きっと明日も飲みます。




今回は新潟県三条市のカフェ「SANJO BLANC(サンジョウ ブラン)」にてコーヒーを飲みながら、「SANJO BLANC」について色々取材してみました。



SANJO BLANCはただのカフェではなく、様々な地域を盛り上げる活動をしているFoundingBase(ファウンディングベース)の皆様が「地域の人たちと関わったり、若い人たちのチャレンジを支援するぞ!」とか、なんかそんな素敵な志を持って運営されてるそうなのですが、調べてもよく分かりませんでした。てへぺろ。



今回はFoundingBaseに所属している池田さんに取材をしてきました。



「無知の状態で取材に行きます。」と問い合わせたところ「全部教えます」と意気込んでいました。

よい子のみんなは取材前に事前に下調べはするんだぞ。

普通は怒られるから。まじで。





竹山キョん

コーヒーが好きすぎて仕事中は5杯くらい飲む。

味の違いについては「なんか違うな」くらいしか分からない。







池田さん

FoundingBase所属

SANJO BLANCでコーヒーを淹れる人。

コーヒーなら何でも飲む。







池田さん:コーヒーの違いってわかりますか?



キョん:苦いか、そんなに苦くないかですね。




そもそもFoundingBaseって何???

キョん:FoundingBaseって初めて聞いたんですけど、そもそもどういうものなのですか?



池田さん:ざっくり言うと「まちづくりをしている会社」です。



キョん:がっつり言うと??



池田さん:日本全国、様々な地域が抱えている課題に対して実際に社員がその地域に居住し、地域の方々と協力して課題をクリアしていく会社です。



キョん:全国にあるんですね!三条市はどのような取り組みをしているのですか?



池田さん:三条市は「移住と定住」を軸に様々な企画を考えてます。



キョん:ふむふむ、その課題に向き合うポイントで喫茶店をオープンさせるに至ったのですか?



池田さん:そうですね、理由などは後ほどお話ししますが、FoundingBaseの社員がSANJO BLANCを運営しています。



キョん:なるほど〜!!!本題に入る前に、FoundingBaseがもっと気になるよ!って思ったら何を見たらいいですか?



池田さん:こちらから見ていただければと思います→ https://foundingbase.jp



キョん:ありがとうございます。



本題に入るよ!SANJO BLANC!!

キョん:「BLANC」と書いて「ブラン」って読むんですか??ブランクって読んでたんですけど、、、



池田さん:フランス語だと「BLANC」でブランと読みます。英語だとスペルが変わって「BLANK」でブランクと読みます。



キョん:フランス語でしたか〜〜〜〜〜〜!!!



池田さん:フランス語で「余白」や「白」という意味があります。



キョん:それは知らなかった、、お店のコンセプトとして「BLANC」が関係しているのですか?



池田さん:そうですね。立ち上げ当初から在籍しているデザイナーが「過ぎていく時間に余白を生み出す」というコンセプトの案を出した際に「めっちゃ良い」となったので採用しました。



キョん:おしゃれで安直でかっこいいですね。



池田さん:この辺って喫茶店が全然無いんですよ。みんな忙しなく動いて、時間だけが過ぎていくイメージがあり、そんな忙しい時間に少しでも余白が生まれればいいなと思い、SANJO BLANC(以下:ブラン)と名付けました。



キョん:喫茶店が一軒あるだけで街の雰囲気って大分違いますからね〜〜。









コーヒーを淹れてくれる池田さん。






キョん:ちょっと話が逸れるのですが、そのドリッパー可愛いですね。



池田さん:これはKOGU 珈琲考具 シリーズです。可愛いですよね。



キョん:KOGUシリーズ??



池田さん:美味しいコーヒーを淹れるためにデザインされた、ハンドドリップコーヒーのグッズです。



キョん:道具にこだわりがあるんですね。



池田さん:ブランでは、ほぼ全て燕三条で作られた食器や調理器具を使用しています。



キョん:すげぇ〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!



池田さん:ちなみに今使ってるドリッパーはコーヒー油や匂いが着きにくく、洗った後に乾きやすいのが特徴です。



キョん:デザインと機能性を兼ね備えるの、、、かっこいい、、、



池田さん:ちなみにこのドリップポットなんですけど。



キョん:注ぎ口細すぎません??めっちゃ曲がってるし。注ぎづらそう。ふざけてんのか。



池田さん:大丈夫だから落ち着いて。



キョん:ほう、、、?

池田さん:お湯が垂直に出てくるため、とても注ぎやすいです



キョん:すげぇッッッ






池田さん:ほーら、まっすぐでしょ??



キョん:注がれる水までも可愛くなるなんて、、、ずるい、、、




池田さん:こちらのコーヒーサーバーは、トライタン樹脂というガラスのような透明感のプラスチックを使用しているので、落としても簡単に割れないしめっちゃ軽いです。



キョん:本当にすげぇ〜〜〜〜〜〜〜!!!!メモリも分かりやすくて可愛いですね。





そっとマドレーヌを差し出してくる池田さん。

池田さん:美味しいので食べてください。



キョん:いただきます。もしかしてこのお皿も燕三条で作っているんですね、、、??



池田さん:そうです。テーエムさんの96というステンレスを黒染めした食器です。



キョん:ステンレスを、、、黒染め、、、、???



池田さん:詳しくはHPをご覧ください https://96bst.com



キョん:これも珈琲考具シリーズだ!!



池田さん:外側からじゃ分からないけど、中は二重構造になってて触っても熱くないんですよ。



キョん:すごすぎる、、、



池田さん:持ち手は畳めるので、アウトドアグッズとしても最適です。



キョん:全部欲しくなるな〜〜、、、こういうのは欲しかったらどこで買えばいいんですか??



池田さん:調べればオンラインショップなどでたくさん出てきますし、実際にブランに足を運んでいただければ他にも様々なグッズを紹介できます。



キョん:実際に使ってみたり実物を見るのって大事ですよね。



池田さん:あと、そのマドレーヌも三条市のマギーアマドレーヌさんの商品です。



キョん:食べ物まで三条の商品とは、、、もしかしてコーヒーも、、、?



池田さん:コーヒーは新潟市から仕入れてます。



キョん:惜しい!!



池田さん:??



キョん:すみません。話を戻します。