ピザが食べたいので、三条市の古民家でピザ窯を作ろう!


※記事内の写真は、記事用にマスクを外して写真撮影をさせていただいてます。


※その他、当日は気温が高く外作業で大幅に体を動かす作業がある場合は、熱中症防止のためマスクを外している人が記事内の写真に写り込んでいる場合があります。





こんにちは、キョんです。


ご時世がご時世なため、ちょっと注意書きを入れさせていただきました。


みんなマスクしてたし、少人数での作業でした。









はい、本題です。




ピザ、いいよね。



カロリーの暴力って感じがたまらんですね。


単語を見るだけでお腹空いちゃう。







あ〜〜ピザ食いてぇえ・・・・










せっかくなら







作りたくない??ピザ窯。




パン界の中でも屈指の自由度と美味しさとカロリーを誇るピザ。

食べたい時に食べれたら最高じゃないですか?





ピザ窯で焼くピザなんて、SNS映え間違いなし。


しかし、ピザ窯を作るのはなんか面倒くさいというか、そんなスペースないしという矛盾した気持ち。





は〜〜〜〜〜。



誰かピザ窯作ろうとしてる人いないかなぁ〜〜














いました。



彼らは三条市や燕市に住んでおり、旧下田村の古民家をリノベーションさせて三条市を盛り上げようと考えているイカしたメンズです。



バラバラな年代、別々な仕事をしている彼らが、古民家を様々な視点で意見を出し合って作り上げており、今回ピザ窯を作るというので全力で取材させていただきました。



うめぇピザを食おうぜ!!!!!





竹山キョん

ピザを食べたい。

早くピザを焼いてほしい。






にんじんくん

早川邸代表。

ピザ窯作りを見守る人。





あきつぐさん

にんじんくんの同級生

今回のピザ窯作りの監督。





せきのくん

ピザ窯作り班

ピザ窯に入れるピザを作る人





あべちゃん

ピザ窯作り班

よくイジられ、よくツッコむ。





登場人物が多いため、写真を見れば大体内容が把握できるような記事になってます。



今回ピザ窯を作る場所はこちら。

彼らがリノベーションしている古民家です。


築120年もの歴史を持つ強そうでデカい家です。






準備していくよ

古民家の入口に入ってすぐの光景です。

広すぎる。





入口に入ってすぐ右のゾーンにピザ窯を作るとのことです。


めちゃくちゃデカい玄関にピザ窯を作るイメージ。

換気とか大丈夫?って思いますが、なんか大丈夫らしい。




そして今回ピザ窯を作るためのレンガがこちら!!

多いな〜〜〜。


これを積み重ねて窯を作っていきます。





■土台作り

まずは地面を平らにして土台を作っていきます。


準備ってどこまで準備なのか分からないけど、土台作りって大事な準備な気がする。





■レンガ割り

様々な大きさのレンガが必要なため、5つほどレンガを真っ二つに割ります。


レンガ割り担当はせきのくんです。

綺麗に割れるのか〜〜〜??







割れました。

うまいな。







組み立てていくっ!

今回のピザ窯の作り方を調べただけで監督に任命されたあきつぐさんの指示により、ピザ窯を組み立てていきます。






1段目を作り







2段目も同じ要領でレンガを乗せていきます。









そして・・・・










あっという間に完成!!!!


ここまででおよそ開始30分足らずで完成しました。



耐火コンクリートは、窯の高さを微調整するため今回は使用しません。

材料はコメリで揃うらしいです。







</