メロンソーダをインク瓶に注ぐデザイナー:レンテラザキ


みなさん、インク瓶にメロンソーダを入れたことありますか?


今回はインク瓶にメロンソーダを入れる奇人の記事になっております。







ちゃんと紹介します。

今回はレンテラザキさんというデザイナーの紹介です。


※リモートでの取材のため事前にいただいた画像をもとに記事を書いています。

かわいい絵を描いたり、服を作ったり、ハンドパンを演奏したり不思議でポップなお兄さんです



ー作品例ー


ガチャガチャの中身がミカンだったり、架空のイベントのフライヤーをたくさん作ったり、自分のデザインで服を作ったり、、、

一体何者なんでしょうか、、、、、、、、、、


作品の意図や普段の活動などを少しずつ紹介していきます。






竹山キョん

架空のイベントに出演したい。







レンテラザキさん

デザイナーと会社員

ハンドパンやドラムなども叩く。

架空のフライヤー作りが楽しくて仕方がない。






絵について

キョん:いつも描いている絵にコンセプトってありますか??



レンさん:ぶっちゃけ、ある。



キョん:なかったらどうしようかと思いました。



レンさん:「違和感を感じる作品」を意識しています。



キョん:違和感、、、?

レンさん:インク瓶にメロンソーダとか入れないでしょ、一般的には。



キョん:確かに入れないけども。



レンさん:そういう違和感です。



キョん:なるほど〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!??????????



レンさん:あとは「深い意味がありそう」って思わせたい。



キョん:ぶっちゃけ、ありますか?



レンさん:あったりなかったりします。本当に作品によります。



キョん:あったりする作品を見てみたいです。



レンさん:CDジャケットをいくつか描かせていただいた時は色々考えてました。



キョん:お話、聞きたいです!!!



レンさん:ioniさんというミュージシャンの楽曲のジャケットを何枚か描かせていただいたので、紹介します。

レンさん:これは「Thicker」という曲です。砂漠に公衆電話を配置しました。

      


キョん:公衆電話だ!!かわいい!!!でも背景は砂漠、、、??



レンさん:「一人ぼっちの孤独だ〜」みたいなニュアンスの歌詞があるんですけど、自分の中でパッと「砂漠の中の公衆電話」ってイメージが浮かんで。



キョん:ほうほう。



レンさん:使われないと意味がない公衆電話を人のいない砂漠に配置することで、孤独を表現しました。「誰かに使ってもらいたい」っていう電話の意識でありストーリーを描きました。



キョん:なるほど!!!!すげぇ!!!!!!!





レンさん:これは Tsuki No Uta という曲のジャケットです。



キョん:貝の中に月がある!かわいい!!!



レンさん:主に月がテーマなんですけど、そのまま月を描いても面白くないな〜〜って思って色々アイデアを考えていて、、、



キョん:ふむふむ



レンさん:パールムーンって単語を見つけたんです。その瞬間に「真珠を月にしちゃおう」って閃きました。



キョん:う〜〜〜〜ん、とても好き〜〜〜〜〜。



レンさん:ちなみに曲名のロゴも作りました。



キョん:すごい!!!ジャケの上に描いてある〜〜!!!



レンさん:あとはMVにも使用されました。



キョん:すげ〜〜〜!!そしてとても良い曲、、、



レンさん:んね、めっちゃ良い曲だよね。



レンさん: I Was Just Asking という曲のジャケットです。



キョん:ガチャガチャの中がみかんだ〜!!かわいい!!!!さっきからかわいいしか言ってない!!!!!



レンさん:ありがとう笑。ちなみにガチャのイメージはガムがめっちゃ入ってるガチャをイメージしました。



キョん:なんでガチャガチャにみかんを入れたんですか?



レンさん:曲の冒頭に子どもが遊んでるような声が聞こえてきて、アメリカの子どもが遊んでる感あるな〜って思って、アメリカの子どもと言えばガムのガチャガチャだ!で、まずはガチャが決まりました。



キョん:アメリカの子どもでガチャが決まっちゃうのかわいい。みかんはどこから来たんですか?



レンさん:曲の全体的な雰囲気は「寒い時期に外で子どもが遊んでる」みたいな情景が浮かんできて、アメリカに日本要素足したいなってアイデアが浮かんで、「こたつに、、、みかん!!!」となりました。



キョん:その組み合わせがバッチリ合っちゃうというか、レンさんのセンスで合っていくのがとても素敵です。



レンさん:少し白いモヤがかかっているのは、冬を表していたり、こたつの上をイメージしたりして描きました。



キョん:バッチリすぎる〜〜〜〜〜〜〜






架空のフライヤー

キョん:これ、最初マジのイベントかと思いました。



レンさん:全て架空のフライヤーですね。場所もバンド名も全部ウソです。



キョん:なんでそんな作品を作ろうと思ったんですか??



レンさん:フライヤーデザインを仕事として依頼されたいんですけど、そもそもやったことがないから「こんなデザイン作れますよ!」ってサンプル的な意味で作りました。



キョん:なるほど!ちゃんと意図があったんですね!



レンさん:1つ作ると楽しくなって「架空ならなんでもありじゃん」となり自分で楽しくなっちゃって、、、



レンさん:たくさん作っちゃいました。



キョん:すげっっっ!!!!!



レンさん:「harumaki bro(ハルマキブラザーズ)」とかの名前、気に入っちゃったり「melon soda night club」とかシティポップみたいだなって思いながら作りました。



キョん:架空だからこそ楽しめる部分ですね、そして完成度めっちゃ高い。



レンさん:場所もバンド名もイベント名も考えるのがめっちゃ楽しい。



キョん:普通に仕事として依頼されてほしい。



レンさん:依頼してくれ〜〜〜〜!!!!




いつから描いてたの??

キョん:この作風の絵で活動を開始したきっかけとか、いつから描いてるとかって覚えてますか?



レンさん:この画風で描き始めたのは2018年くらいからですね。描き始めようと思ったきっかけは2018年11月に開催された古民家文化祭というイベントです。その時はハンドパン奏者として出演しました。



キョん:ハンドパン奏者としてのレンさんも紹介したい〜〜〜



レンさん:後ほどお願いします!



キョん:かしこまりました。古民家文化祭ってどんなイベントなんですか?



レンさん:古民家をリノベーションして会場にしていて、ライブをしたりハンドメイドの作品を販売したり、フードを売る人がいたり、複合的なイベントでした。



キョん:楽しそう〜〜〜〜!!!